"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

水瀬結月『恋花火』

 客室乗務員は男性ばかりですと…!?
 リアル『楽園30000フィート』か!

4576090550恋花火 (二見シャレード文庫 み 2-2)
水瀬 結月 立石 涼
二見書房 2009-04-23

by G-Tools

 アンドロイドがすんごい発達した結果、みんなアンドロイドと恋愛するようになって出生率下がってすったもんだ、今ではアンドロイドは伝統の技術継承のための記憶装置「職人形」としてだけつかわれています…というSF設定がかなり無茶な気が…!!アンドロイドもうすこしくらいはいろんな分野で使えるんじゃ!?
 とかいう疑問はなるべく気づかぬふりで。

 というわけで、院生の受けは数少なくなった線香花火工房にその技術をうけつぐために飛ばされるのだが、職人が入院中の工房で待っていたのは人間とそっくりたがわぬ職人形でして。

 なんかもっと日常生活での交流が積み重ねられてのち恋愛へ、という流れかと思っていたら、案外にもすばやくラブ的な関係になったのでちょっとびっくりした。
 なんで職人形が受けをすきになったのかはよくわからないというか、老人な職人以外では初めて出会った人間が受けなのだろうなあという感じ。しかし、全体にこのアンドロイド攻めのセリフや描写はとても面白く読んだ。

 受けのほうは、いくら好かれてもアンドロイドの感情を信じ切れないという葛藤や、そのため関係をもった後も攻めに「愛してる」という言葉は言わせないという(言わないではなく言わせない)一種むごい強制が面白かった。
 人の顔色をうかがってばかりだった過去、というのがいまいち描写がたりないというか、もう少し丁寧に設定・描写してほしかった気がする。なんかあんまり特徴のないキャラクターだと感じてしまったので。

 あと、上述のようにSF設定がちょっとあたしにはハテナものだったのだが、不要になった職人形の処遇にかんする設定はあまりに残酷だなあという感じ。なんかそういう設定の仕方がどうもなじめなかったかも。その残酷な将来の乗り越え方がちょっとお手軽に感じられたのも、微妙ではあった。

 なんかまた文句多いですが、アンドロイドというオイシイ設定で、全体的には面白かった。
 花火工房という舞台設定も最初はハテナだったが、花火にまつわる設定や花火の使い方は面白かったし、よかったと思う。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1741

with Ajax Amazon