"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

月宮零時『眼鏡屋と探偵』

4877249788眼鏡屋と探偵 (ガッシュ文庫)
月宮 零時
海王社 2009-04-28

by G-Tools

 キター。
 なんかもうこれ、タイトルからしてちょっと怪しいのですが、内容もとってもいい感じに気がくるっている(褒め言葉です!)のですよ!

 メガネ屋で働く受けっこは尻軽ネコのメガネフェチ、ある日メガネを売りつけたさえない男に後日ゲイバーで再会。男はかけるメガネによって雰囲気がぜんぜんかわってしまう、通称フェイスレスマンとよばれる探偵なのですが、なぜか受けっこだけはメガネの魔力がつうじなくって、あっさり探偵を見破ってしまったのでびっくりなのです。それはさておき、探偵は受けっこのライバル的なかわゆいゲイっこの素行調査をしてるというので、興味をひかれた受けっこは、無理矢理押しかけ助手を買って出るのだが云々。

 お話もおかしいのだが、なんかそこらじゅうで頭がおかしい。特に受け。
「ミオ(引用者注・ライバルのかわゆい受けっこ)が同じフロアにいる時は、のんびり物色をしていられない。いい眼鏡がいたら速攻でモノにしなくてはならない」物色対象はいい男じゃなくていい眼鏡か。
 遊んでばかりいると男根の神様(って何だ???というのはさておき)のバチがあたるわよ、というバーのママに「えー、何ソレ? その神さまって、眼鏡してんの?」おまいの脳内世界はメガネ人間(ただし全員男)にメガネ神(ただし以下略)オンリーで構成されてんのか。
 更には探偵をたずねてきた刑事が視力はいいから眼鏡などいらん、というのに、「でも、いつかは老眼鏡が必要になるだろう」とか考えてる始末、おまい老眼鏡でもいいのな…もはや剛の者だな…参りました。

 しかしこのメガネフェチの変態受けっこはもうほっとくとしても、各種男子店員取りそろえ・指名や予約あり・個室でフィッティング、というメガネ屋をつくった店長はもうド変態なのではと。仕事に復帰する受けっこのために花や客が大量に来るなど、ほとんどホストクラブである。
 一方探偵は、強烈なメガネフェチ受けのせいもあって、ちょっとキャラが弱い。メガネによって別人になる、といっても、文章でそれを表現できてはいない(ちなみに挿絵も同様に変化なし)ので、あんまり「フェイスレス」な印象がないし。

 文体がラノベ的というか、やや軽めで、☆とかハートとか入ってくるのがちょっとしんどいかも。まあ、他がもっとおかしいので、文体がおかしいことぐらいあんまし気になりませんが。
 続編出たらいいなあと思いつつ、スピンオフなどの他のキャラのお話ではなくて、この二人のお話が読みたい。

 まあそんなわけで、とにかくメガネスキーとトンデモBLスキーにはオススメです。読まれた方が、いくらなんでも限度があるだろう…とドン引きされても、責任はとれません…。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1734

コメントを投稿

with Ajax Amazon