"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

名倉和希『恋愛記憶証明』

4344815440恋愛記憶証明 (リンクスロマンス)
名倉 和希
幻冬舎コミックス 2009-01

by G-Tools

 二五歳金持ち家息子。ある日目覚めたら精神科医が、五年分の記憶消したから、三人の知人の中から彼氏だった男をあててみ、とか無茶苦茶なのです。どうやら、彼氏が変わらぬ愛とか信じられないと言うので、記憶をなくしてもかわらず好きだって証明してやんよ!ということで、自分で望んで記憶を消してもらったらしいので、休暇の一月の間に彼氏を見つけなければならんのです。

 おもしろげな設定なのだが、しょっぱなからああこの人が彼氏だろうなとミエミエで、ていうか表紙からしてそうかなって感じだもんなあ。もうちょっとかくしておいてほしかった。

 ていうか、彼氏もその他の候補者も描写がうすくてパーソナリティが見えてこず、だから彼氏捜しの面白みも切実さもあんまり感じない。面白い設定なのにもったいない。
 特に、彼氏については、魅力がよくわかんないからなんでだんだん惹かれていってるのかよくわからん。彼氏自身に魅力があるかどうかという問題ではなく、主人公の恋心は記憶を操作しても消えなかったよ!というだけの描写なのだろうか。だとしても、やっぱり結局感情移入できない描写だということになるんだが。

 その後のふたりがちょっぴり書かれているのだが、このお話はそれプラス過去の二人も書いて欲しかった。本編は特殊設定のギミックを中心としたお話なので、彼氏も主人公も性格や魅力の描写がたりなくて、恋愛物語としてはすごく物足りないから、過去篇を書いて補完してほしかった。
 あと本編でも、彼氏視点の、主語をぼやかした語りとか入れたらもっと面白くなったんではと思う。
 設定は面白いのに人物も物語もちょっと薄い印象だったがら、そういう重層性をつくることでもっと面白くなったんじゃないかなあと思う。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1669

コメントを投稿

with Ajax Amazon