"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

加納邑『東京魔人倶楽部』

 パイドPVのさわおもキモかわゆくて大好きですv
 でもアフタヌーンの女神さま&カラスヤサトシのフィギュアは、一体誰が喜ぶの?

4775512617東京魔人倶楽部 (プリズム文庫 ky- 2)
加納 邑 ほづみ音衣
オークラ出版 2008-09-22

by G-Tools

 人間の観察をしている悪魔のご主人様×ご主人様にひろわれて人化し、使い魔を目指すハツカネズミ。人間観察の手伝いのために高校に通ったり、ご主人様の仲間の悪魔の猫にいじわるされたり。

 冒頭でネズミが十日も何も食べていなくて行き倒れになっているのだけれど、ネズミみたいな小さい生き物は、一日食べられなかったらもう危ないのでは…と思った。ネズミは素直天然系受けの最典型という感じで、別にいいけれどなんか受けすぎた。
 ご主人様はよくわからないキャラだった。ネズミを好きらしいしいろいろ気もつかってくれるのだが、なんか鈍かったりもする。お話に利用されてしまっている攻めという印象だった。
 ネコは実はネズミラブなのでは暴力愛なのでは、と期待したが、さにあらずで単なるいじめっ子だったのでなんだかなあだった。

 タイトル的にシリーズなのかな。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1544

コメントを投稿

with Ajax Amazon