"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

松岡なつき『FLESH&BLOOD』1、2

 ほんっとうにおめでとう!

4199001921FLESH & BLOOD〈1〉 (キャラ文庫)
松岡 なつき
徳間書店 2001-07-22

by G-Tools
4199002138FLESH&BLOOD〈2〉 (キャラ文庫)
松岡 なつき
徳間書店 2002-01-23

by G-Tools

 前から気になっていたので読んでみました。
 21世紀の英国、父の仕事の関係で英国生活も長い高校生海斗が、ドレイクに憧れてゆかりの地を旅行してたら、異次元の穴からタイムスリップしてしまいました。途方に暮れてたら、ドレイクの信頼あつい海賊船長ジェフリーに出会い、彼の船に身をよせることに。

 BL要素は薄いし、ふつうのジュブナイル小説が、時折やおい的になるだけという感じ。なのでちょっと展開がゆっくりだなあと感じる部分もある。
 ところで、予備知識なしで一巻を読んだ段階での、ベタな展開予想。というか希望かも。

 1、航海長ナイジェルは結局海斗を気に入り、ジェフリー嫉妬
 2、海斗はいずれ、敵のスペイン人ビセンテと一時的に行動を共にすることに
 3、その結果海斗はビセンテに情がうつってしまい、ジェフリー嫉妬
 4、ビセンテの方でも海斗に好意をもち、やっぱりジェフリー嫉妬
 5、海斗の友人和哉が過去にやってきて再会
 6、和哉が誰かとCPに
 7、あるいは、逆にジェフリーが未来に来るというオチ

 二巻では、1の前半は出てきましたね。今後どうなるのかなー。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1491

コメント

 おめでとうございます。

>やくもさん
わーい!ありがとうございます!!

コメントを投稿

with Ajax Amazon