"読書/一般コミック"のアーカイブへ


[ 読書/一般コミック ]

荒木飛呂彦「岸辺露伴は動かない―六壁坂―」

 なんかもういろいろ出遅れぎみです。医龍も今読んでるし、タクミくんもフジミも未購入です。高尾理一の新刊なんて、見かけてすらいない…(涙
 だって忙しくて…入稿締め切りとかそんな感じで!坊主コレクションも無理っぽいぞ…。

B000ZGKNWOジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 01月号 [雑誌]
集英社 2007-12-04

by G-Tools

 カラー絵の露伴のエロティックさだけでもうお腹一杯…なんだこれは!荒木のド変態め。

 ジョジョ自体が既に荒木の財産になっているというのは言わずもがなのことなのだが、ジョジョの中でもとくに「杜王町」というコンテンツはそれだけでも財産といえるほどのイメージと魅力を内包していると思う。のだけれど、更に「杜王町」の中でも、岸辺露伴は単体でコンテンツバリューを持ってるよね。やっぱり漫画家という設定と、変態変人なキャラが作品自体の作者のイメージとあいまって、相乗効果でいいキャラになってると思う。それに、スゴイよこの存在感は。今回もまた露伴は「動かない」のだけれど、にもかかわらずこんなに魅力的。
 そんな露伴を視点人物に据えてるので、単体でも結構面白い「六壁坂」怪異譚が、より魅力的になっていて、とっても荒木飛呂彦らしい短編だった。

 …いや、正直に言うと、「えッ!?ここで終わっちゃうの!?ここから露伴の大冒険が始まるんでしょ!」…とか、思いましたけど(笑。動かないんでしたねそういえば。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1230

コメントを投稿

with Ajax Amazon