"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

崎谷はるひ『SUGGESTION』

4344811038SUGGESTION (幻冬舎ルチル文庫 さ 2-12)
崎谷 はるひ
幻冬舎コミックス 2007-09-14

by G-Tools

 『ANSWER』の続編だけど、うーん、前作のほうがよかったかもしれない…。

 執筆された時期が違うのか、ANSWERとは文体がちょっと違う気がした。SUGGESTIONはややくどいというか、特にキャラの思考に寄り添って語る部分とかが冗長な感じで、ストーリーの筋がなかなか進まなくてちょっと焦れてしまう。
 秦野の語尾(たまに語頭も)を亜空間に飛ばしてしまうスタンドは絶好調で、単語平仮名化能力まで発達してしまい、多少ならかわいいけれど、今回は流石にちょっとやりすぎだと思った。
 真柴はなんかキャラ設定がよくわからなくなってきてしまった。まあもともとタンホイザーからわんこ攻めへ、というむつかしい路線変更を余儀なくされる展開だったし、その展開自体はアリだと思うし、だから仕方が無い気もするけど。でも短編とか読み合わせると、昔は結構冷たい感じだったっぽいのに、井川に対してはかなり甘かったっぽいので、どうもうまくイメージできない感じ。
 そして、井川は…そこまで壊れなくても、と…。

 短編は、最初の短編がSUGGESTION本編と内容が少しかぶっていて、それで本編も冗長になってしまってる気がした。
 誕生日の話はいいけど、ちゃんと祝ってあげてほしかった気も…(笑
 最後の電気屋の話は、なぜここで新キャラが…という印象。SUGGESTION本編でもアパレル会社の女性社長とか何故こんなに書き込むのだ…という感じだったし(たしか彼女は別作品のキャラなんだよね?

 なんか全般に、本編の保育園のエピソードみたいな、ちょっとライトで日常ぽくて、でも二人の関係性の発展がしっかりわかるような小話をもうちょっと読みたかった気がする。元のレーベル的にも仕方が無いことなのだろうけれど、ベッドシーンが多いので余計そう思ったのかも。

 イラストは、秦野が裸体かパジャマかの二択なのが…なんだかかわいそう…(笑。真柴はいろいろ着替えてるのに。

 しかし今回、秦野が最終的に35才になってしまうところが、個人的にはなんというか画期的だった(笑。35才のかわいい系受けも秦野ならまあいいか、という気がする(笑

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1165

コメントを投稿

with Ajax Amazon