"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

牧山とも『愛でるなら籠の鳥』

4775509950愛でるなら籠の鳥 (プリズム文庫 mt- 5)
牧山とも かなえ杏
オークラ出版 2007-07-23

by G-Tools

 ヤクザ×年上ダメ男。
 リストラされ別れた妻に生活費を仕送るために朝から晩までバイトの受け。風俗店でウェイターしてたらオーナーの攻めにお酒をこぼしてしまう。攻めはくたびれたダメで気弱なオッサンが大好きで、受けが濡らした時計の弁償をたてに身体を要求し云々。

 展開は王道で、期待通りな感じでよかった。元妻のエピとかも予測どおりで、でもつまんないわけでなくきっちり王道展開でよい。
 設定はオヤジ萌えだけれど、絵でも文章でもあんまりオヤジって感じはしなかったかも。
 しかしそこそこ面白く読んだものの、最後が…攻めの呼び名がかわって、タメ口になってしまうと、なんかもういろいろ台無しって感じだった…。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1110

with Ajax Amazon