"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

橘かおる『舞踏会の夜に華は綻ぶ』

4877245790舞踏会の夜に華は綻ぶ (ガッシュ文庫)
橘 かおる
海王社 2007-06

by G-Tools

 平民の母をもつ華族の長男、後妻が来て弟が生まれると廃嫡され、ボロい離れで書生というか使用人のようにあつかわれてる受け。ある日ケガをしてた攻めをひろい、かくまって面倒をみてやるとなんだか親切に仕事を手伝ってくれたり食べ物を手に入れてきてくれたりします。戸籍のうつしを紛失した日、突如役所の命令で弟とどちらが嫡男にふさわしいか勝負をすることになってしまいますが、迎えに来た攻めにつれられて公家系の華族の別荘につれていかれ、そこん家の坊ちゃんと攻めによるマナーとかの猛特訓がはじまり云々。

 なんかなー。
 ものすごい書き流しましたね、って印象だった。
 明治という時代設定も枷になってしまってる印象。後書きよむと、かなり資料とくびっぴきで書いたとかかかれてたけど、資料を文章化してるだけで物語の一部としてしっくりくるとこまで来てない感じ。イラストもひどいなあ。書生風の受けのはずが、なんか芸能系というか能でも舞い出しそうなふんいきだし…。
 物語の展開も安易で面白みがないし、キャラも全然たってない。初めて優しくしてくれた相手にインプリンティングされたみたいに依存しちゃう受け、はともかく、攻めが全然魅力ない。最初は着流しに雑駁な口調だったのが、レッスンが始まると受け独占したいただの上流階級男子っぽくなっちゃうし、最後には妙にお堅い特殊要人様、という感じで、いろんな顔があるのは別にいいけど、どれもうまくかみあわずにばらばらな印象。後書きには遠山の金さんをイメージ、とあったけど、だったらもっと庶民ぽい部分を長引かせないと最後のカタルシスがないよね。
 そんな感じで、設定も物語もキャラも描写も、どの部分においても練りこみが足りない感じで、作者の出版履歴をかんがみても、ああ量産してるんだなあ、という感想しか出てこなかった。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1067

コメントを投稿

with Ajax Amazon