"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

いとう由貴「たとえ~シリーズ」

 たとえ世界がでたらめで、種もしかけもあって、生まれたままの色じゃ、もうだめだって気付いても~♪

4813010180たとえこの恋が罪であっても
いとう 由貴 門地 かおり
大洋図書 2004-02-23

by G-Tools

 イギリス貴族の一家、二人目の妻が日本人で超ビッチでした。その妻が亡くなって息子を日本から呼び寄せひきとりましたが、家族も使用人も皆ビッチ妻の記憶もなまなましく日系子が憎らしくて仕方ありません。日系子はとりあえず次男たちの通う全寮制学校にほうりこまれましたが、そこでもいじめられまくりです。そんな状況でも三人目の妻の連れ子兄は寮長なので多少気にかけてやりましたが、他の兄の姦計で日系子が男とホテルにいるとこを目撃してしまい、超激怒。日系子はけなげにがんばってましたが、連れ子兄につめたくされて流石にへこたれてきます。
 …改めて人間関係がややこしいなあと思ったけれど、それ(家族関係の複雑さ)がこのシリーズのポイントだろうなあ。
 予想通りのかわいそう受け弟に、よくできたちょっとゆうずうのきかない感じの攻め兄でした。
 しかし、クライマックスで、いきなり饒舌な説明がはじまってしまうお話はあまり好きではありません。しかも、これまで黙って耐えてきたキャラがそれをやっちゃうと、なんだかなあ、という感じ。

4813011055たとえ禁じられた恋であっても
いとう 由貴 門地 かおり
大洋図書 2007-02-26

by G-Tools

 こんどは兄たちの幼馴染のかわいこちゃんに兄との恋愛がバレて壮絶にいじめられます。
 物語的には特筆すべきこともないかなあ。特に悪くも無いけど、エピソードがあんまり記憶に残らない感じ。ただ、また何ぞの姦計にハマって兄が誤解をする展開になったらつまらんなあ、と思っていたら、兄は弟を信じてたのでそれはよかった。

4813011489たとえ背徳の罠に堕ちても
いとう 由貴
大洋図書 2007-04

by G-Tools

 こんどはもう一人の兄のCP。
 奨学生寮の寮長に弟たちの恋愛がバレて彼等を守るためにクールビューティ兄が寮長さまの言うなりです。
 ちょっと展開があっちこっち行ってる感じでまとまりがなかった印象。それにつけても、いきなり長野オリンピックとか書かれててビビった。現代ものだったのか、このシリーズ。
 イラスト、寮長がカコイイ…!

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1055

コメント

>二人目の妻が日本人で超ビッチでした。その妻が亡くなって息子を日本から呼び寄せひきとりましたが、……日系子が憎らしくて仕方ありません。

……ハルノ!? と思ってしまいました……。
でも全然違うんですよねきっと…(すみませんこんなんで)

>マリィさん
かなりけなげないい子ちゃんなので、ハルノとはかなり印象が違います…が、ハルノも「ああ」なる前は、かわゆかったのかもですねっ!?(大興奮

コメントを投稿

with Ajax Amazon