"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

篠伊達玲『ゆびさきの誘惑』

4862960251ゆびさきの誘惑
篠伊達 玲
ワンツーマガジン社 2007-05

by G-Tools

 食品グループ社長次男坊で秘書×グループ経営の創作和食ダイニングの料理長。
 元料理長とイタリヤ人CPの前作があるらしい。
 お話は…筋っていうか…ええと、食事をねだりにくる攻めと、少年ぽい天然受け、というか…それだけ?

 受け一人称で、天然子ののんびりエクリチュールがタクミくんみたいでいいかも…と思いつつ読み始めたのだが、「雨なので攻めが車で送ると言ってくれたけれど、受けは自転車通勤なのでそれはムリ」というエピソードに二ページがついやされた(受けが自転車が駅前にとめてあるだの、明日の朝の通勤がどうのだのさんざんグダグダ言って断る)辺りでちょっとイライラしはじめ、そんなまどろこしいエクリチュールでほとんど内容がなかった印象。

 あと、年上同僚シェフとその腕にほれこんでるヤクザのエピソードは、きっとこの後続編で書かれるんだろうなーと思われるが、しかし今作の半分近くのページとかなりの量のエピソードが既にその二人についやされている気がして…バランス悪いというか、ヘタというか。だからただでさえ魅力ない主役CPとそのエピソードが更にうすくなってるし。
 つけくわえるなら、受けがこの若さで料理長ってのも…。

 なんかもう、いろいろともきー!って感じの一冊だった。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1047

コメントを投稿

with Ajax Amazon