"二次/おお振り"のアーカイブへ


[ 二次/おお振り ]

『アフタヌーン』七月号

 あーすんません、今月はもう初っ端からダラクしてます。

B000QCQDZ8月刊 アフタヌーン 2007年 07月号 [雑誌]
講談社 2007-05-25

by G-Tools

 とんでもないことになってきました。

 三橋に声を掛ける花井、そして花井君をはげます三橋…!
 何この二人の世界…!!!!!

 花井君をくすぐろうとしてた三橋がカワイイというか、なんかやっぱり最近花井に慣れて&なついてきてないか…!?こないだの崎玉戦がよかったのかなー、でもこの二人はなんだかんだ前から結構近しいんだよね、という気も。
 「花井君点入れたら勝てる!」あーなんかこの微妙さ加減…!たまりません。
 三橋はたぶん、田島君は点入れる、っての前提にしてると思うんだよね。阿部や田島への全幅の信頼、とは違った、花井への期待をふくみこんだ信頼。ってのが、なんかいいんだよ!他の仲間へとは違う、花井だけって感じでいいんだよ!
 で、それを受ける花井も三橋とこうして次第に話し始めて、それがうまい感じに自身の成長につながってきそうな感じでいいんだよ!
 つまり、とにかくハナミハなんだよ!

 それはさておき。

 三橋が監督のサインを確認するときいつもびみょうに内股気味なのがカワイイ。ところで三橋はなんで今日勝ちたいんだっけ?狭山戦はいつもより読み返してないからか、わからないぞ…。

 イライラな泉様がいい感じです(笑。阿部は三橋を「ホントのバカ」だと思ってるんじゃなくて、たんに三橋と全然意思疎通できなくて、異常なほど過保護なだけだと思う。でもまあそれがイコール「ホントのバカ」だと思ってる、って状態って言ってもいいんだろう。
 泉はこういうイライラっぷりが、いい子ばかりのにしうらーぜの中でちょっと変わってる気がする(いや怒ってばかりの阿部は別格として)けれど、それがいい。そして、ゆってることがいつも正当なのもいい。

 西広が活躍した!

 阿部の質問に三橋といっしょにビビって、三橋といっしょに安堵してる沖がカワイイ(笑

 狭山のキャッチャーは今回いろんなレベルでダメっぷりが描かれてて(三橋のバント成功させちゃうし、田島の才能を知らなかったにせよ田島に全球種見せちゃうし、とかいろいろ)、なんだかこれは本格的にロカさん悪い奴だな…!そして、和さんはどうするんだろう?

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/1024

コメントを投稿

with Ajax Amazon