"読書/BLコミック"のアーカイブへ


[ 読書/BLコミック ]

麻々原絵里依『ダブルキャスト』

440366167Xダブルキャスト
麻々原 絵里依
新書館 2007-03-30

by G-Tools

 俳優×俳優、ある舞台でダブルキャストのふたり。ベテランだけど実力派とはとうてい言えない見た目派手男と、若手だけれど基礎からきちんと勉強して仕舞いなんかも修行してる実力派。前者はセフレ的関係のPが若手に興味を持ったことに焦って自分が先にコナかけてみたり、結局そのせいで足元見られたり、しかし結局Pの企画ドラマで共演することになったりなんだり。

 原作つきでも麻々原絵里依は麻々原絵里依なのだ。
 つまらなくはないけれど…地味だ。麻々原絵里依はこんな花のある絵柄なのに、何を描いても地味にならないか?『マカロニ』もド派手な絵ヅラにとうてい及ばない地味な物語だったし…、『Darling I Love You』は流石に多少は華やかだったけれど(だから話が結構トンデモだけれどわりかし好きなんですが)…。うーん。

 わたしはすごくいろんなタイプの絵にほれ込んでいるので、絵に関してはかなりストライクゾーンが広い方だと思うのですが、キレイなだけの絵、ってあんまり好きではないのです。でも麻々原絵里依はわりとキレイなだけの絵、という気がするけれど、にもかかわらず好きです(笑

 若手が攻めなのはよかった。ベテランに嫉妬したり露悪的なこと言ったりするのもカワイイ。でも紙幅の都合上か、あんまりそのカワイイ部分がかかれてないので、後日談とか続編みたいのもっと読みたかった…。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/965

with Ajax Amazon