"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

愁堂れな『淫靡な関係』

 今日はJ庭にいちきました…疲れた!イベントって、一日座っていられるのに、なんでいつもこんなに疲れるのか。
 女性向けイベントということでドキドキしてましたが、あんまり普段と変わらんかった。考えてみると、男性向けをのぞけば、同人ってもともと女子が多い世界なんだった(と私は思う。

4896017366淫靡な関係
愁堂 れな 宮本 佳野
ムービック 2006-10-31

by G-Tools

 愁堂れな二冊目。マリィさんにおすすめいただいて読んだ。

 高校生×メガネ国語教師。受けは在学当時に受けた傷をいまでもかかえつつ、憧れの恩師に乞われて母校で教鞭をとることに。ある日恩師への想いがイケメン三年生にバレてしまい、脅迫されて云々。

 一人称もやっぱり書き方によっては面白いんだよなあ、と改めて思った。ちょっと文体がとろい印象もあるんだけど、むしろそれは視点人物である国語教師の性格をよく表わしてる感じ。

 展開にかんしては、なんだかこの人ら全然心の交流がないけれど、これでどう(恋愛物語として)展開すんだろう…とか思った辺りで丁度攻めが、たまには話がしたい、とか言い出して、そりゃそうだよなあ、とか思った(笑、しかし結局話をさせてもらえない攻めにはちょっと笑ってしまった。
 年下攻め、しかも年下だけどある程度立場が強い攻めの場合、年上受けは何らかの事情や問題をかかえていることが多いので、受けがそうした自分の問題を克服するという転機がほぼ必ず浮上してくるんだよね。そして恋愛物語としての展開も、その受けの成長と密接に関わってくる。
 その点、きっちりと受けの成長=恋愛成就の構図がとれてるって意味ではよかったんだけど、だからこそ後日談がもうちょっと日常ぽい話っていうか、具体的にいえばアレなしの話(あれ?具体的じゃないぞ?)だったらよかったのにと思う。本編は一人称視点で受けの成長物語なのだからして、視点がどうしてもかたよっちゃうから、後日談で他の視点を入れて補足してほかった。あ、攻め視点話とかでもよいよね。
 他キャラは、いかにも怪しい人がやっぱり怪しかったのです…(笑。ヤクザになってしまった元同級生が妙にオイシイので、もっと活躍してほしかったり。

 あとね、このタイトルはどうなんだ。内容にあんまり関係ないような。しかし学園ものってふさわしいタイトルつけるの難しいよね、とも思う。砂漠、とか貴族、とかみたいなキータームがないものね。制服、とか入れちゃうとポルノになってしまうし(いやそれが悪いということではなく、内容には即さないという意味。だからか、学園もので内容にきっちり即したタイトルって、あんまり見たことないや。

 宮本佳野は個性がつよいというか独特の雰囲気の作家だと思う(絵というより漫画に個性があるという感じだと思う)ので、あまり挿絵に向かない気がする。だって、長髪イケメン高校生とか言われても、宮本佳野が書くとブンかヒカルにしか見えないじゃないか…(笑。ヒカルといえば『RULES』がついに完結するみたいだけれど、四巻まで出てからまとめてよむつもり。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/911

コメントを投稿

with Ajax Amazon