"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

高岡ミズミ『永遠の愛を、我が花嫁に』

4813011438永遠の愛を、我が花嫁に
高岡 ミズミ 実相寺 紫子
大洋図書 2007-01-29

by G-Tools

 英国留学の際の同級生、シーク×商社マン。
 英国から突然帰国してしまったシークを忘れようと六年間頑張って働いてたら、いきなりさらわれて目が覚めたらアラブでした。シークは数週後に結婚・戴冠するんですが受けはどうなるのでしょう。

 ベタアラブ、なのに何かが物足りない。
 その原因のひとつは明らかに、シークがなぜ受けに惚れたのかがわからないことだろうなあ。あとその頃の付き合い方も全然書かれてないので、続編の二人の関係性がなんだか唐突。
 その他もなんだかいろいろ物足りない。シークの従弟や婚約者とかもキャラはいいんだけどエピソード的に物足りない。
 あとオチが…あまりにご都合主義。シークものって大概ご都合主義ですけどね。

 高岡ミズミは好きな作品もいくつかあるけど『パトロンは恋に惑う』とかうわーという感じだったし、どうなんだ。『かわいいひと。』はコミック版だけ読んだけれどあれもあまり好きではない。まだよくわからない作家という感じ。
 しかしどうも、BL小説はBL漫画よりも、作品の質が不安定な作家が多いような気がしている。特に同人誌とか見ちゃうとそう思う。うーん。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/885

コメントを投稿

with Ajax Amazon