"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

高遠春加『告白―scent of declaration』

4872573374告白―scent of declaration
高遠 春加
イーストプレス 2003-01

by G-Tools

 結構前に読んだ。
 ソレがオチだったのね、というアレも。

 無気力で受けに会社まかせて浮気しまくり会社社長×中学のころから隷属的な受け。
 攻めの隠し子が登場して云々。

 そこそこ面白かったけど、なんとなく全体的なかみあわなさが残るというか、中学時代のエピとか、攻め受けそれぞれの家庭事情とか、隠し子の事情とか、それぞれ微妙につっこみが足りない。
 隠し子も必要なのか。ふたりを外部からまなざす視点としては必要なんだろうが、それがこんなにいっぱい出てくるは必要あったのか。攻めも受けもいまいち描写不足。
 オチというか、微妙なハッピーエンドもものたりないような。別に甘甘が読みたいわけではないけれど。

 うーん、結構面白く読んだ気がしたんだけど、思い返すと不満が多いなあ。
 面白く読んだのは、やっぱりここのところの最低人間ブームのせいか(笑。

 高遠琉加の文体は、一人称ものと三人称に近いものとでかなり違いますなあ。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/759

コメントを投稿

with Ajax Amazon