"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

鹿住槇『天才の烙印』

4199004017天才の烙印
鹿住 槇 宝井 さき
徳間書店 2006-07-27

by G-Tools

 なんか、アイター。悪くはないけど。
 17才で受賞、デビュー、社会現象化、その後沈黙の作家(20代後半)×元天才子役、今おじさん家のレストランでバイト(20代前半)。
 二人の元天才同士、ということで、いろいろと痛い。わたしは天才じゃないからいいんだけど、それでも痛い。
 そして、恋愛も挫折乗り越えもなんか微妙に消化不良。うーん、焦点がばらけちゃったせいもあるんだろうし、この作家は元々筋をがっつり書く人でもないと思うけど、それでも薄いなーと思った。作家が元子役のファン、というあたりは面白かったし、劇団の話も面白くなりそうだったのに、さらりと触れて終りで淋しかった…。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/632

コメントを投稿

with Ajax Amazon