"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

柊平ハルモ『熱情のきずあと』

熱情のきずあと熱情のきずあと
柊平 ハルモ 緋色 れーいち

by G-Tools

 だれかゆずりにボーイズラブ小説の指南をしてほしい…。作家さんをほとんど知らないので、何を読んだらいいのか全然わかんない。

 ということで、とりあえず分厚くて設定がわたし好みっぽかった(攻めのためを思って冷たくつきはなす受け)ので買ってみた。
 そこそこ楽しめたけど、文体がいまいち好みでなく、展開もツメが甘いように感じた。文体はなんか冗長で、この分厚さにみあうだけの内容ではないように感じた。展開についてはこれだけのベタ設定なんだから、どれだけベタ展開をテンポよくカタルシスを産むようにうまく配置できるかというのが腕の見せ所なのでは、と思うのだが、展開も冗長でテンポがいまいちよくない。
 あと仕方がないのだが、イラストが…。まあいろいろあるけれど、基本的にまず絵がこの話に合ってない気がした。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/602

コメントを投稿

with Ajax Amazon