"二次/おお振り"のアーカイブへ


[ 二次/おお振り ]

武蔵野。

 以下801です(つまり全部じゃないかっ。

 ハルミハって原作では接点少ないし、結構ドリームCPだと思うんですけど、好きです。榛名はマネジに超青い恋心を持ってたし、ペーパーを女子トイレからもらってきた秋丸を尊敬していたし、かなり恋愛にはオクテというか慣れてなさげなんだけど、なんか二次創作ではめちゃすれっからしなキャラ扱いされることが多くて…これはちょっと、かわいそう(でもそういうお話も面白かったり、しますが。榛名は結構うぶで純情なんだと思いますですよ。ハルカグの榛名はかわいいわんこキャラ(まあワガママオレ様もふくみこみつつ)でほぼ統一されてるけど、こっちのがまだ原作ぽいかなと思います。

 さて、唐突にノン三橋受けCPが出てきましたが、実はこのハルカグが今イチオシです。
 榛名はシニア時代のわがままオレ様っぷりがキョーレツ(語りは阿部視点だし、読者は阿部寄りだからね)なせいで、上記したような最低キャラにされがちなんですが、実は武蔵野では結構ふつうにかわいいキャラなんですよね(基本のキホンとかの執筆時期は考慮に入れないというか、その後の展開を見るとあれも本編にきちんと組み込まれてるみたいだし。
 あと、「おこらえてねぇよ」は誤植かと思っていたけど、コミックス二版から「え」になっているようなので、誤植が採用になったってことらしいですね、カ、カワイイィ…!

ハルカグ

↑よくわからんけどニコニコな武蔵野榛名と
なんでかいっぱいいっぱいな加具山さん↑


 というか、武蔵野の榛名は妙に素直というか、よく考えるとむしろお節介なくらいで、シニア時代とはほんとに別人みたい。基本のキホンでは加具山のマイナス思考にキレたり突き放したりしないでずっとつきあってるし、その後もいっしょに筋トレメニュー考えてあげたり、春の大会で調子いいじゃないすかとかにこにこ声を掛けているあたりを見ると、夏から半年以上加具山をフォローしてきてるわけで、…その半分でも阿部のこと気にしてあげればよかったのにねえ…(笑。しかし、描写を追っていくとこういう榛名のやさしさ素直さはなぜか(なぜか?)加具山限定ぽいんですが、なーんでなんでしょうね、あはははは(棒読み。榛名がうぶで純情だとすると、これはもう誤読ではないと思うので、このCPもばっちり原作ベースだと思う!(アレ?

 や、まじめな話、秋の大会だっけ?の冒頭で円陣組んで燃えてる榛名や加具山や大河とか、すげー燃えます。あの榛名と加具山の一生懸命さに、それぞれ別の意味で感動。


with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/248

コメントを投稿

with Ajax Amazon