"読書/一般コミック"のアーカイブへ


[ 読書/一般コミック ]

杉浦志保『氷の魔物の物語』7、8

 杉浦志保『氷の魔物の物語』7、8(冬水社)

 5、6巻は既読部分だったこともあり緊急度が低いので(笑)後回しにした。
 呪文のつかみ取りとかセルギの周囲の人たちのセルギ好きっぷりとか、またベタにマモノらしい展開で面白かった。「やりたい放題」の(笑)セルギのおじいちゃんはどうなってしまうんだ。死なないで欲しい。
 そして、黒區カウゼルもアマシも水主さまも、みんないい子。たぶん。だがその生ぬるさがやはりよいのだ。

 ところで最近また疑問になったきたんだけど、マモノはほんとにBLなんだろうか?うーん。イシュカとブラッドはどうにかなるのか???もうどっちでもいいんだけど。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/390

コメントを投稿

with Ajax Amazon