"読書/一般コミック"のアーカイブへ


[ 読書/一般コミック ]

森美夏・大塚英志「八雲百夜」

『comic新現実』で森美夏+大塚英志の「八雲百夜」がはじまった。

 まず内容についてだけれど、今回は『北神…』の柳田、『木島…』の折口につづいて小泉八雲がミステリーハンター(笑)ということで、個人的な認識では前の二人とハーンの差異は大きいと思っていたので、その役割の違いや物語性の違いに期待していたんだけれど、この初回を見る限りこれまでの方向性とそれほどかわるところはないようだ。これまでどおり、民俗学的エッセンスと偽史アレンジで色取られたやや不思議なお話。
 で、北神や木島のようなある種の巫女的存在であるパートナーは、一瞬会津八一!!???と思ってしまったけれど多分そうではなく(笑、今回は日光アレルギーの甲賀三郎らしい。名前が一緒なだけなのかなんなのか、でもちょっと今回は文学関係に近い話が増えるのだろうか。だとしたら面白いのだけれど。

 さて、作画に関しては、もう文句のつけようもなし。というかまぁ正味の話、大塚の偽史シリーズも作画が森美夏でなければこんなに長く追っかけていなかったかもしれないのだからして。森美夏は本当に漫画がうまいと思う。わたしは好きな漫画家も尊敬する漫画家もたくさんいるけれど、目指したい漫画家はと問われればそれはもう森美夏なのだ。
 ハーンの作画はちょっと意表を衝かれてびっくりした。写真をぐぐってあぁこういうひとだよねぇと安心した(笑。何をモデルにして描いてるんだろう。

 他の記事はまだ未読。吾妻ひでおがなんだか欝でつらそうだ…。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2356

コメントを投稿

with Ajax Amazon