"読書/BL小説"のアーカイブへ


[ 読書/BL小説 ]

タクミくんの奇妙な冒険。

三洲 「はっきり言おう……ぼくは以前から崎のことが嫌いだ。
    そんな僕がなぜ崎の恋人の葉山と
    『同室』になんかならなくちゃあいけないんだい?
真行寺「……だよなあ~っ。アラタさんは別に『男』に困ってるワケじゃあ
    ないだろーし…葉山さんに興味はないっスよねぇ~っ(安堵
三洲 「しかしいいだろう……笑うようになった葉山も嫌いじゃあないし
    おもしろそうだ。270号室に入りなよ……
真行寺「えっ!…アラタさん?(泣
(託生、青くなりつつ傍観、気がつくと三洲に手荷物を奪われている。
4044336180Pure―タクミくんシリーズ
ごとう しのぶ
角川書店 2001-11

by G-Tools

 ということで、ハマってます、ごとうしのぶのタクミくんシリーズ。仕事中の一服の清涼剤というか。
 『FAREWELL』など見つからないのが何冊かあるし、まだコンプはしてませんが。今のところ『Pure』『CANON』
どスキですね。『Pure』の表紙がカワイイので上に。
 以下、更にどっぷりBLな内容、というか特に絵、になります(ジョジョネタはありません)ので、興味がおありの方は続きをどうぞ。

 最近の自分の傾向として当然のように主人公二人も大好きですが(でも頻出する分、語りや設定のアラも見えやすいのがこの二人だ)三洲が、アラタさんが、
会長が、もう。あぁもう蝶かわいい。CVが石田彰らしい。あぁもう似合いすぎる。そして、ギイ×託生は絶対で、また三洲も真行寺との関係性が面白いからこ
そ三洲のキャラが映えるのだと十全に分って居つつも三×託なんですが…ダメかなぁ…。
 まぁ三×託はともかく、真×三に戻ると、やっぱり「Pure」とかスキです。あの内容でタイトルが「Pure」ってのもまた。でも「Pure」は、もし
三洲視点の語りだったらすっごい真行寺スキスキなエクリチュールになるんだろうな。可愛いヤツだ、三洲(笑。
 で、描いてみた。

 事が後先になってますが、託生
とギイだって大好きです(笑。
 託生は美少年ではない、という設定で、でも魅力がある、ということもおり込み済みだと思うので、すごく描くのがむずかしそう。おおやさんの託生はどんど
んカワイくなっていってしまったけど(絵柄の変化の影響もあるのだろうけれど)今の絵のほうがスキです。見慣れているからかもしれないけど、でもやっぱり
託生はカワイくいてほしい。
 しかしそういう託生にしろ、クォーターで超絶美形のギイにしろ、なんというか外見にリアリティを感じなくって、その意味ではおおやさんの絵にも違和感が
ある。どんな感じなんだろうなぁ。
 で、こっちも描いてみた。
 …誰と誰やねん!!!
 描きながら最初は、この託生違うだろ~も少し細くて柔らかそうだろ~、と思ってたのだけど、よく考えたらこのギイだっておかしいのだろう…こんなにゴツ
くないのだろうな…。なんかねぇ、最近かわいい男の子が描けなくなっちゃった(いや、以前は描けていたということでもないんだけど)…うーん、わたしのヤ
オイには夢がない気がしてきた…。
 絵は脱落しそうですが、なんだかこの人たちでしあわせなお話を書きたくなってしまいます。ふふ。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/181

コメントを投稿

with Ajax Amazon