"読書/一般コミック"のアーカイブへ


[ 読書/一般コミック ]

杉浦志保『SILVER DIAMOND』3

 杉浦志保『SILVER DIAMOND』3(冬水社)

 待ってましたよ!
 冬水社だし(流通に乗らない)あまり知られてないだろうし、知ってほしい作品なのであらすじをば。
 ふつうの高校生・羅漢の庭に突如現れた千鋃千艸(せんろうちぐさ)は、砂漠と化した異世界からやってきたという。千艸は罪人一族・千鋃の生き残りであり、体がほとんど植物化しており死ぬことはない。しかしその世界の「王子」に刃向かったために、異空間へとばされたのだという。「王子」の正体は植物を枯らせてしまう「妖芽(あやめ)」であり、そのことは千艸しか気づいていない。千艸は「王子」と戦うために、植物を成長させることのできる「沙芽(さのめ)」が必要だと言うが、羅漢こそが幼い頃にこちらの世界にやってきた「沙芽」であったのだった。
 というお話。うーん、あんまうまく要約できないな。実際はもっと面白いんだよ~。千艸の不器用・無表情・常識なしなところとか、脇キャラ(重華成重と蛇の虹とかね)もいい味があるし、ラカンがそれらみんなをひっくるめてメロメロにしてくとことか(笑。しかし今書いてみて思ったけど、…ジョルノ?というか木蓮?(笑。うん、どっちもなんだか違いますが(笑。
 3巻は王子が来たりなんだりで急展開はしているけれど、なんとなくつなぎかなという巻だった気がする。あと急に庭に樹が生えてくるのはちょっと唐突だろうと思ったんだけど、後からそうだったんだ!と納得できたしあの展開は面白いと思う。次も楽しみだ。

with Ajax Amazon

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayoiga.s6.xrea.com/x/mt-tb.cgi/114

コメントを投稿

with Ajax Amazon